大手ハウスメーカーと工務店の違い


家を建てる業者には大きく分けて2種類あります

・大手ハウスメーカー

・工務店

それぞれ特徴を見てから決めましょう


●大手ハウスメーカー・・・規模が大きくCM等で見かける建設会社。展示場があったり、営業マンがたくさんいたり、規模が大きいのが特徴です。

●工務店・・・地元に根付いて小規模で経営している建設会社です。

どちらも家を建てる業者(ハウスメーカー)ですが、家造りの進め方も金額も大きく異なります
『調べるのが面倒だから大手ハウスメーカーにしておこう』とか『知り合いに工務店があるからそこで建てよう』という曖昧な理由でハウスメーカーを選ぶのは、あとで失敗することになる考え方ですので、注意しましょう!!


大手ハウスメーカーの特徴

・各地に展示場があり、気軽に足を運べる

・展示場に行けば、そのハウスメーカーの特徴を実際に見ることができる

・インターネットで調べれば、自分と同じオプション等の口コミを見ることができる

・大手ハウスメーカーで建てること自体がブランド化している

・全体的に割高

・できあがるまでが早い


★大手ハウスメーカーの特徴をまとめると、『安心感』です


展示場で実際に家を見て、口コミも調べることができて、アフターフォローがしっかりしていれば、ある程度安心して購入することができますよね

ただし、大手ハウスメーカーの家はそこで建てることがブランド化していて、ブランド化しているものは家に限らず割高です

 

工務店の特徴

・とにかく細かいところまで自由に要望(設計)できる

・大手ハウスメーカーより安く建てることができる(同程度の家を建てた場合)

・工務店の技術により仕上がりが決まってしまう


工務店の特徴をまとめると、『圧倒的な自由度』です


家の形や間取りはもちろん、床や壁の材質、設備まで細かく要望できます

同じマイホーム費用で自分の理想を詰め込んだ家を建てることができるのは、やはり工務店です

★私が家を建てたのも田舎の小さな工務店です

ただし、良い工務店を選べば技術があり良い家ができますが、悪い工務店を選べば仕上がりが雑でしたり、下手すると欠陥住宅なんてこともあるのが、不安な点でしょう

また、家の価格も決めるのは工務店次第なので、安くも高くもなります

→造作洗面にする場合の適正価格は?20万と言われても、50万と言われても、どちらも正しい価格か素人には判断するのが難しいですよね

結局工務店の言い値次第になってしまいます


◎大手ハウスメーカーはブランド力、工務店はオーダーメイド力

一般的な物に例えると、大手ハウスメーカー【ブランド品の財布】と工務店【オーダーメイドの財布】 といったところです

例えば10万円するブランド品の財布(大手ハウスメーカー)を買ったとしましょう

何となくですが、品質も良く、この財布は良いものだ!という感覚がありますよね

実際、簡単に破れたりすることもないでしょう

ただし、財布の材料費以上にブランド名にお金が掛かっており、ブランドマークを取ったら3万円の財布と見分けがつかないなんて思うことありませんか?  

逆にオーダーメイドの財布(工務店)が3万円で買ったとしましょう

自分の好みで様々なオーダーができます

腕の良い職人なら、素材や縫い目まで細かいところに気を使って作ってくれる自分に合った唯一の財布になりますが、ブランド品より安くできあがります

他人から『どこの財布?』と聞かれてもブランド名はありませんが、ブランド物とは違う良さがありますよね

ただし、職人の腕次第で大きく仕上がりが異なります
 

◎まとめ

あなたは大手ハウスメーカー工務店どちらの方が好みですか?
大手ハウスメーカーでは規格住宅が一般的で、注文住宅もありますが、正直一般人が手を出せる価格ではありません
逆に工務店は注文住宅が一般的ですが、費用は大手ハウスメーカーの規格住宅と同じ程度か安いです(家の仕様で変わります)
『大手ハウスメーカーがブランドだから』と言えばそれまでですが、私はそんな費用の違いが生まれる理由が気になり、家造りについて調べました
結果的に私は工務店での注文住宅を選びました
私のブログでは、そんな家造りについて調べてきたことを紹介しています
ぜひ参考にしてみて下さい(^_^)