インテリアがシンプルだからこそ気になる電気配線

物をごちゃごちゃおかないシンプルなインテリアが流行っていますね

私の家もシンプルなインテリアを心掛けています

物が少なくて掃除もしやすく、スッキリしているのが特徴です

インテリアがシンプルだと逆に目立ってくるのが電気配線です

家電はシンプルなデザインでお洒落なものが増えている昨今ですが、結局電源コードやHDMIケーブル等の通信線は存在します

配線は黒が多いのでごちゃごちゃしていると、シンプルなインテリアの中で黒い配線が主張してしまいます

たかが配線されど配線

意外とこういう細かいところでお洒落な部屋とそうでない部屋に差が出ます


◎簡単DIYで電気配線を隠す

簡単DIYで電気配線を隠す

例としてテレビ周辺の配線を挙げます

私の家のテレビボードは簡単にいうと壁に木の板がくついているだけの超シンプルな構造です

IMG_2345

上の写真では配線を隠していますが、配線を隠していない場合がこちらです


IMG_2491

すごいガッカリではないですか?

このままだとブルーレイレコーダーの後ろに配線の束やアンテナ線の分配器がごちゃごちゃ見えてしまっています

では、この配線の隠し方をご紹介します



①配線の長さをできるだけ最短長さにする

まず、
配線が長いとどうしても束ねる部分ができて、それがかさばって目立ってしまいます

そのため、できるだけ配線は最短長さにしましょう

比較的簡単にできるものは、HDMIケーブルやテレビのアンテナ線です

テレビとブルーレイレコーダーを接続するHDMIケーブルは最短で30cmの物もあるようです



この辺りはテレビとブルーレイレコーダーの距離を確認して購入しましょう

テレビのアンテナ線も30cmの物もありました

エスエスエーサービス テレビアンテナケーブル 0.3m 国産4C F型両端ストレート S4-FP-FP-0.3
購入するのがもちろん簡単ですが、今あるアンテナ線を自分で短くすることもできます


私はこの部品とカッター、ペンチを使ってネットで調べて、自分で好きな長さに短くしました
アンテナ線を短くする方法

比較的簡単にできますし、最短にすることができますが、こういうのが苦手な場合は短いアンテナ線を購入する方がお勧めです

電源コードも簡単に短くすることはできますが100V が流れる部品ですので、あとで何か起きても大変ですから止めておく方が無難です

配線を短くしたBefore、Afterの写真が無いですが、これだけで配線の束のボリュームが減るので、だいぶスッキリします



②配線の束を隠す方法
次に配線の束の隠し方ですが、やってることは非常に簡単です

下図のように配線の手前に壁となる板を一枚置いているだけ
です

配線隠し

図の赤い部分が板です

私が作ったものはこちら


IMG_2492

IMG_2493

すごい雑な作りですよね 笑

でもこれだけで良いんです

簡単に作り方をご説明すると、

数百円のベニヤ板を買ってくる

⇒配線が隠れるようにちょうど良いサイズにベニヤ板を切る

⇒配線が出る部分を切って開けておく

⇒正面から見える側を壁の色に合わせて塗るor貼る
※私の場合は、壁紙の余りがあったのでそれを貼っています

⇒裏面側に板が立つように木をくっつける

⇒完成!!

簡単でしょ?

私はノコギリで板を切りましたが、板を切ったりするのはホームセンターなんかの工作室できます

壁紙貼ったり、木を裏面にくっつけたり大変そう!と思われるかもしれませんが、私達はこういった時に万能に使えるものを知っています



そう、木工用ボンドで貼っているだけ

この壁は近くでまじまじと見られるものでもないですし、強度も必要無いので、木工用ボンドで十分なんです

これだけで

IMG_2491

IMG_2490

この状態が

IMG_2494

IMG_2495

こうなるわけですね

IMG_1714

◎まとめ

今回ご紹介した方法は結構簡単なので、お勧めです

①の配線を最短長さにする方法は最悪やらなくても、②の方法で隠せてしまいます

私の家の場合、配線が長くてごちゃごちゃしていると壁の後ろの空間が大きくなってしまい、ブルーレイレコーダーが壁に押されてテレビボードに収まらなくなってしまいます

そのため、まず配線を短くしています

今回ご紹介したのは私の家の例ですが、配線の隠し方はその家によって違うと思います

でも、タコ足配線がテレビの横とか下から出ていてごちゃごちゃしているのってその時点でインテリアとしてなんかガッカリしてしまいます

テレビとブルーレイレコーダーの距離なんでおおよそ50cmくらいだと思います
無駄に2mとかのケーブルとか使っていませんか?

配線は最短長さでスッキリと!!できれば見えなくなるように隠しちゃいましょう!!