26歳家好き素人が2年掛けて造った注文住宅あれこれ

26歳家好き素人が2年掛けて造った注文住宅あれこれ イメージ画像

◆DIY / ◆庭造り



◎コンクリートに金具を固定する方法

今回はアンカーボルトでフェンス用の支柱を固定したいと思います

私の家の庭は最初からお隣の家との境界がコンクリートなので、そこに支柱固定用金具を取り付け、支柱を立てます

IMG_2503




まず固定する金具はネット通販で購入できます



この金具を使ってコンクリートの穴あけ位置を決めます

図面で描いた通りの位置に金具を置いて穴の位置をマジックで書いていきます


IMG_2505


IMG_2504



上の写真では穴開け位置にすでに浅い穴を開けています

この程度の穴ならインパクトドライバーで簡単に開けられます

無くても良いですがこの下穴があると、この後電動ドリルで穴を開ける時に正確な位置に穴を開けることができます



◎コンクリートにアンカーボルトを打ち込む


今回メインとなる作業がコンクリートにドリルで穴を開ける作業です

ドリルで木に穴を開ける作業の少し大掛かりな作業って感じです

私の作業風景では無いですが、穴空け方法がYouTubeにあるので参考にしてみて下さい




今回使うのは振動ドリルです

電動工具には種類があり、穴を開ける能力をざっくり表すと

電動ドライバー〈 インパクトドライバー 〈 振動ドリル 〈 ハンマードリル 
 です

コンクリートの穴空けには振動ドリル以上のパワーが必要だと思って下さい


でもドリルなんて普通持っていませんよね?

そんな時はレンタル工具を利用するのがおススメです

私はホームセンターで振動ドリルを2泊3日¥500でレンタルしました




自分で買うと10,000円近くするので、数回しか使用しないならレンタル工具は便利ですね

ドリルの刃は消耗品なので、レンタルの場合でも自分で購入します



¥1,000程度です


上の動画の要領でコンクリートに穴を開けていきます

穴のサイズはコンクリートに打ち込むアンカーなどの表記を見て決めましょう


私はこのタップスターを使用しました

元々支柱固定金具にアンカーボルトが入っていますが、ステンレスの錆に強い材質にしたかったので、別でこのタップスターを購入しました

タップスターは開けた穴にインパクトドライバーで簡単に打ち込めます


タップスター


こちらの動画を参考にして下さい




穴を開けとタップスター打ち込み作業のコツは、穴の中の削りカスをしっかり除去しておくことです

私は専用工具が無かったので、サッカーボールの空気入れで代用しましたが、十分でした 笑

アンカーを打ち込んだ結果がこちら

IMG_2507


ボルトがコンクリートから出ている状態なので、ここにナットで金具を固定します

IMG_2508



IMG_2511



◎まとめ

『コンクリートに穴を開けてアンカーボルトを打ち込む』というと大掛かりでなかなかDIYで行うには難しいと感じるかと思います

でも素人な私でも工具はレンタル、6ヶ所行うのに1時間半くらいでボルトの打ち込みまで完了しましたので、やってみると意外とできるものです

ただし、振動ドリルに関してはドリルを押し込むのに少し力がいるので、女性でもできることは無いと思いますが、男性の方がやる方が良いとは思います

この大掛かりと思っていた作業さえ終われば、あとは支柱固定金具を付けて、支柱を固定してフェンスを張れば終了です

次回は支柱を立てるところまでをご紹介したいと思います









コメント

コメント一覧

    • わかさん
    • 2020年05月10日 20:26
    • タップスターはM8を使用しましたか?
    • Y.Uni
    • 2020年05月11日 20:41
    • >>1
      こんにちは!
      M8を使用しましたよ(^ ^)
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

↑このページのトップヘ