ロボット掃除機


部屋の掃除が苦手な私

そこで家を建てている時から購入を考えていたのが、ロボット掃除機です


私がロボット掃除機に求めていた機能は


・家を留守の間に掃除をしてくれるタイマー機能など


・部屋の隅まで掃除してくれる


・30畳まで対応している


・自動で充電ステーションに戻る


・メンテナンス性


・毎日ごみ捨てが必要ない


逆に求めていない機能は


・大きさ(小さいこと)


・動作音


そんな中で当時候補として考えた3つ


①ルンバ iRobot


②ルーロ パナソニック


③トルネオロボ  東芝




①ルンバ







ロボット掃除機=ルンバの認識が世の中的にもあるように、超有名で機能面が充実しています

スマホでの操作など多彩な機能やAI搭載していて、障害物を検知したり、マッピングしたり高性能なのは◎

ただし、本体価格が高額で、フィルターなどの交換費用も高額になるのが△

また、最新機種ではダストステーションが搭載されました







②ルーロ




ルーロの特徴はこの形ですかね

この形のおかげで部屋の隅までかきとれます

AIを搭載して部屋の間取りやゴミの多い箇所を学習します

また、ハウスダスト発見センサーなるものが付いていて、見えない埃すら逃さない

さすがパナソニックという高機能なロボット掃除機

ただし、値段がやはり高い(*_*)



③トルネオロボ 




他と異なる特徴は、ダストステーションがあること!

でしたが、最近ではルンバが見事に真似してきましたね

実際ダストステーションは非常に便利です

また、ルンバのダストステーションは紙パック式なのに対して、トルネオロボのダストステーションはサイクロン方式です

紙パックが不要で経済的です




◎結果的にトルネオロボを購入

私がトルネオロボを購入した決め手は、やはりダストステーションがあるから


私がロボット掃除機を購入した時には、まだルンバのダストステーションのモデルはありませんでしたが、今購入するにしてもトルネオロボを選びます


その理由は、値段が3倍違うことです

トルネオロボは約6万円に対して、ルンバ(ダストステーションモデル)は約17万円

確かにルンバにはAIが搭載されていて、スマホで操作できて、できる機能はたくさんありますが、それにしても17万円は高すぎです

ルンバ1台あれば部屋全体を完全に掃除してくれるなら考えますが、現状ロボット掃除機は完全に掃除できるわけではありません

お金に余裕がある方はダストステーションが付いたルンバを購入してみてください

そこまでお金がかけられないなら、トルネオロボも十分お勧めですよ


◎トルネオロボを買ってみての感想

トルネオロボを買ってなんだかんだ満足しています

私の表現としては、『仕事のできないアルバイトくらい掃除する』です

理想通り掃除をこなすわけでもなく、最低限仕事はしてくれるイメージです

理想通りでもないですが、いないと困る 笑

私がトルネオロボを使う時は、下の写真のように椅子をテーブルの上に上げてあげます


IMG_1602

椅子を上げなくても掃除するのですが、椅子を動かしてしまったり、テーブルの下まで掃除ができなかったりしてしまいます

そのため、外出する時などに椅子を上げておいて掃除をさせておきます


1F


この図の階段の下にトルネオロボのダストステーションがあります

ここからスタートして、勝手にキッチン部分まで掃除をします

40分くらい?掃除し続けるのですが、掃除をする場所はトルネオロボ次第なので、見ていると『またそっち掃除するのかー』と気になりますが、終わってみると意外とゴミが取れています


IMG_1214


これで1回分か2回分のゴミの量です

意外としっかり吸えています

また、10回に9回はしっかりダストステーションに帰宅しますが、1回は部屋のどこかで力尽きています(力尽きる時はだいたいカーテンに引っかかっています)

ダストステーションに帰ると、自動で掃除機本体からダストステーションにゴミを移動します

ゴミ捨ては1か月に1回程度なので、ほとんど手間が掛かりません



◎まとめ

トルネオロボはロボット掃除機としての能力を最低限備えていて、付加価値としてダストステーションが付いています

正直私には機能がこれで十分です

ルンバやルーロと比較して値段が安いのが何よりお勧めな理由

今はルンバの最新機種ではダストステーションもありますが、元祖ダストステーション搭載モデルはトルネオロボです

そんな今だから敢えてトルネオロボをお勧めしました

是非ロボット掃除機の選択肢の一つとして考えてみて下さい('ω')ノ