◎お風呂の小物類をスッキリ収納したい!!

今回は主婦ブロガーのような内容です('ω')
お風呂のシャンプー、トリートメント、ボディーソープ等をスッキリ収納する方法をご紹介します
でもそんなお金を掛けたくないじゃないですか?
そんなご要望にお応えして、100均アイテムを使った方法です

まずは、我が家のお風呂場の様子

IMG_3936

ボトルやその他もろもろ、全て壁掛けにしています
これだけで、だいぶスッキリして見えますね
また、壁掛けにすることでボトル底まで乾ききります
大手メーカーのユニットバスのオプションで壁に物を置ける棚?を取り付ける物などもありますが、あれだとボトル底の水が乾ききらず、最終的にはヌメヌメしてきます
カビが発生すると取るのが大変になるので、壁掛けでいつでも乾きやすい状態を保ちたいです
お風呂場の収納のコツは、水が溜まる場所を作らないことですね

では、その方法をご紹介します



◎セリアのステンレスをグッズがお勧め

・ボトルを掛ける方法

IMG_3930


ボトルにフックが付いていますが、こちらのボトルハンキングフックを使います

IMG_3926


ステンレスなので、汚れや耐久的にも安心で、デザインもシンプルで場所を選びません
これセリアで売っていて、もちろん108円で購入できますが、Amazonなどで同じものを探すとめちゃめちゃ高いんです(;^ω^)

ボトル

ブロガーとしては、ここでAmazonのリンクを貼るべきかもしれませんが、みなさんできれば安く抑えたいですもんね
セリアに行きましょう('ω')

このボトルハンキングフックですが、注意点としてはボトル口の径が3.2mmと2.4mmがモノがあります
シャンプーボトルなどは3.2㎜でクレンジングなどが2.4mmだということですが、使用しているボトルを測ってから購入しましょう!



・洗顔フォームなどの小物類を掛ける方法

IMG_3931

これは見ての通りですが、ステンレスフックで挟んでいます
体を洗うブラシも同様のフックで紐部分を引っ掛けています
洗濯バサミの片側がフックになっている形状で、デザインがシンプルというのが良いですね

このフックのパッケージ写真が無いのですが、同様にセリアで4つで108円で売っています
この他にもお風呂を洗うスポンジを挟んだり、あると便利なのでお勧めです



・シェーバーを掛ける方法


IMG_3937


これは2つのセリアグッズでできています


シェーバー


FullSizeRender


赤い枠が左のミニフックで、青い枠が右の歯ブラシホルダーです
しつこいですが、もちろん108円ですよ!笑
実は歯ブラシホルダーは元々吸盤がついていますので、それだけでも壁に取り付けることができます
でも、個人的に吸盤は外れてしまったり、水が付着してカビたり汚れたりするのがあんまり好きではないんですよね
吸盤部分が簡単に外すことができるので、磁石で壁にくっつフックに交換しました
歯ブラシホルダーをシェーバーに流用しているのですが、注意点としてはシャーバーによってはギリギリ穴に通らない物があります
写真のピンクのシェーバーも通らなかったのですが、解決方法としては腕力です٩( ''ω'' )و
といっても、ステンレスの枠を軽く広げる程度なので、そこまで力は必要ありません
あともう一つの注意点としては、ステンレスフックに交換すると、シャーバーが2つ揃ってバランスが保たれるので、1つだとバランスが悪いかもしれません

IMG_3938

少し斜めになってしまいますね
元々売っている吸盤の状態ならおそらく斜めになってしまうことはないと思います

また、磁石が壁に付くのは、私の家のユニットバスの壁がタカラスタンダードのホーローパネルであるからです
他のメーカーでも磁石が付く壁と付かない壁があるので、ご自身のユニットバスがどちらか調べてみて下さい
私の家は、ユニットバスもシステムキッチンもタカラスタンダードのホーロー使用ですが、汚れに強かったり磁石が付いたり、便利だと感じています(^^)


◎まとめ

IMG_3931


今回、お風呂の収納方法についてご紹介しましたが、私の家の場合

ボトルハンキングフック×3・・・¥324
ステンレスフック(4つ入)×1・・・¥108
シェーバー掛け一式・・・¥216
合計 ¥648

お安くスッキリ収納することができました

メーカーのオプション品で収納を買うと意外と高いので、こういった工夫で費用を抑えることができます
またセリアの商品でも、ステンレスではなくプラスチックの商品もありますが、プラスチック製品は、汚れたり、劣化したり、元々安っぽく見えるので、ステンレス製のものをお勧めします

今回の収納とは別ですが、シンプルに統一するためには、ボトルを同じモノで統一するのもコツです