◎見せないキッチン

竣工時のキッチン
_A2W7962

_A2W7966


カウンターキッチンで見せてるじゃないか!

と思うかもしれませんが、リビング側から見た場合はこんな感じ

_A2W8053

キッチン自体は見えませんよね?

カウンターに肘をつくような体勢なら見えますが、リビングでくつろぐ時やダイニングテーブルからは見えないんです

なぜキッチンを見せないか?というと、大きく分けて3つの理由があります

①見せるキッチン=オシャレでリビングに合うキッチンを買わなければいけない 

②常にキッチンが片付いた状態を維持するのは大変

 ③そもそもキッチン見せる必要ある?



①見せるキッチン=オシャレでリビングに合うキッチンを買わなければいけない

キッチンを見せるということは、インテリアとしてのオシャレが求められます

インテリアとしてオシャレなキッチンとなると必然的に費用が高くなります

私の場合、LDKでリビング・ダイニング・キッチンを一つの空間にする時点で、『キッチンを目立たせる必要は無く、そこまで費用は掛けられない』という考えでした

実際にキッチンはTakara standardのシステムキッチン『エマージュ』です

Takara standardのシステムキッチンで中ぐらいのグレードで使いやすいですが、デザイン性は特別良くも悪くもないところ

キッチンはもともと見せる予定も無かったので、玄関やリビングや洗面などと比べるとこだわりが無いというのが本音です

扉のカラーはオプションカラーなどではなく、ど定番のホワイトを選びました

この扉のグレードにお金を掛けるよりは、背面の造作収納にお金を掛けた方が、絶対にキッチンとして完成した時に良いものができるという考えがあったからです

アイランドキッチンでは、キッチン自体もインテリアの一部なのでこだわる必要がありますが、キッチンを見せないようにしてしまえばデザインにこだわる必要もなく、コストカットにも繋がります



②常にキッチンが片付いた状態を維持するのは大変


いつでもきっちり整っていて、キッチンがきれいな状態を毎日継続していくのは大変ですよね

キッチンを見せるということは、キッチンがインテリアの一部になります

例えば、コンロを耐熱ガラスで区切ったようなキッチンの場合、そこに油はねがあればリビングから見たときに汚れが見えてしまいますし、将来細かい傷がついてくると見た目が劣ってしまいます

また、シンクの中や作業スペースが片付いていれば良いですが、生活しているとそうではない時もあります

とある日のキッチン
IMG_1924

こんな状況、ごく普通にありませんか?

でもこれが見せるキッチンだった場合、急な来客があるとこの片付いていないキッチンを見せることになってしまいます

せっかくハイグレードなキッチンでも、片付いていないとなんか残念ですよね

いつもは片づけているのに、ちょうど微妙な時に見られるのも悔しいですし、オシャレなインテリアの定義として、整理・整頓・清潔であることが私は必須だと思います

『ハイグレードで片付いていないキッチン』 より、『片付いている綺麗なキッチン』 だと思いますが、いつでも100%の状態を維持というのは難しいです

見せるキッチンにすると、リビングからも片付いていないキッチンが見えてしまうので、それならば、見せないキッチンの方が部屋全体としても良いと思います



③まずキッチンを見せる必要があるのか?

見せるキッチンとして人気なのが、アイランドキッチンです

海外映画とかでアイランドキッチンに憧れて、アイランドキッチンを選ぶ人も多いでしょう

アイランドキッチンは確かにオシャレなんですが、スペースを必要とするので広いお家でないと向いていません

アイランドキッチンといえば、アメリカなど海外のイメージがありませんか?

それもそのはずで、アメリカは 国土が広い→土地が安い→家が広い 

それに比べて、日本は国土が狭い→土地が高い→家が狭い

アメリカではホームパーティをする習慣があるので、料理を一緒にしたりアイランドキッチンが適しています(体も大きいので、広さもほしいのでしょうね)

日本のように家が狭く、ホームパーティの習慣があるわけでもないのに、アイランドキッチンのような見せるキッチンを造ることは、理に適っていないとも言えます



◎まとめ

最近は見せるキッチンが流行ってますが、見せないキッチンも良いですよ!

でも、昔の家みたいにキッチンを完全に閉鎖的な空間にしてしまうと、家事をしていると家族との会話に入れないようになってしまいます

そこで私の家では、キッチン自体は見えないけど、同じ空間で居られるようにしました

このお陰でマイホームが建ってからは食器洗い中も、妻と会話を楽しむことができています

見せるキッチンというのも憧れる気持ちもありますが、実際の生活を想像すると他人に料理しているとこを見せる機会なんてほぼ無いです

ズボラな私は見せないことを選びましたが、満足しています!