◎マイホームで生活改善

新居で生活を始めて半年以上が経ちました

アパート暮らしだった1年前は自分がめんどくさがり屋なので、正直今の生活とは比較できないくらい荒れていましたね 笑

掃除・洗濯・洗い物全てめんどくさい!!

しかし、マイホームを建てたことで生活習慣が改善されました\(^o^)/

そんな夢のマイホーム購入で改善されたことをご紹介します!


◎定期的に掃除をするようになった

アパートの暮らしの頃はなかなかできていませんでした
というのも、掃除がしにくかった​というのが一番の理由で、モチベーションも上がりませんでした
まず収納が少なく部屋が狭いので掃除機をかけようにも、物をどかしてからかけたり、それだけで手間がかかりました
また、どれだけ綺麗に片付けても3日後にはまた散らかり始めます
収納が足りないため、物が少しでも増えると片付ける場所がなく、とりあえず机の上に、、、
そんな状態では片付くわけがありません
そんな生活から部屋の広さにゆとりががある方が掃除しやすいことや、収納が多い方が片付けやすいことを学び、間取りに活かしました
特に収納に関しては、間取りを考える時点でどこに何を収納するか?を考えておく方が良いです

例えば、銀行などから定期的に送られてくる書類家電の取扱説明子供のランドセルなどの細かいものまで考えておきたいですね

生活していると日々物は増えていきますが、こういった物の片付け場所が無いと部屋が散らかり、結果的に片付けしにくい家になってしまいます

片付け自体を面倒な作業にしてしまうと、どんどん部屋が荒れていきます

スッキリ片付けることで気持ちよくなる部屋を目指しましょう

あとはやっぱり『自分で建てた家だから綺麗に保ちたい』というモチベーションのおかげです

アパートの頃は『もう少ししたらマイホーム建つしいいや』ってなってましたね 笑

と言いつつも、我が家の場合1Fのお掃除はほぼロボット掃除機にお願いしていますが(^^)

最新のルンバが登場したから、敢えて東芝トルネオロボをお勧めしたい


◎外食や惣菜が減り、料理を作ることが当たり前になった

アパートの頃はキッチンの作業スペースもシンクも狭くて使いにくかったですが、今ではどちらも広くなり、とても使いやすくなりました

掃除もそうでしたが、キッチンでもゆとりのない狭さは作業効率を下げます

●作業スペースの上に食器の水切りカゴがあって、作業スペースが取れない

●食材を切って、炒めて、いざ盛り付ける時に、まな板が邪魔で盛り付ける皿が置けない

●調理中すぐ洗い物が溜まって、洗いながら調理を進めないといけない

超めんどくさいですよね!!


また、対面キッチンというのも料理を作るようになった理由の1つです

料理をする時も、洗い物をする時も、会話をしたり、テレビを見たり、音楽を聴いたり、ながら家事ができるようになりました

家事って結局めんどくさいので、どれだけ楽して、苦痛に感じずにできるか?が大切です

キッチンは夫婦二人で話し合って仕様を決めていきたいですね


最近は休日に早めに起きて朝食を2人で食べるようにもなりました

自慢のホームシアターで葉加瀬太郎の演奏を聴きつつ、朝日を感じながら朝食を食べ、ホットコーヒーを飲む


なんだ?この優雅な朝食は!?

私が思い描いていたマイホームの朝食を軽く超えてくる、そんな理想的な朝食を最近では送れるようになりました(о´∀`о)


マイホームができて、結果的に外食や惣菜が減り、夫婦2人で自宅でご飯を食べる機会が増えました

また、最近感じるのは外食するより、自宅の方が落ち着いてご飯を食べれます

外食する方が周りに人がいてガヤガヤしてますし、お金もかかりますし

家でご飯を食べる方が全然リラックスできます

そう感じることのできるダイニングを造ることができて良かったです


◎まとめ

恥ずかしながらアパート暮らしの時にはなかなか当たり前のことができていなかったですが、マイホームが完成してからはとても生活が改善されました
1年前に住んでいたアパートは2DKでキッチン、リビング、寝室全て約6畳というような間取りでしたが、夫婦2人での生活にはやや狭かったです
マイホームに暮らしてみて、過度な広さは必要ありませんが、部屋は広い分には気持ちのゆとりを与えてくれると感じます
その気持ちのゆとりがある上で家事をするのと、しないのではストレスの溜まり方が違います
賃貸VSマイホームなんていうのもよく見かけますが、こういったお金で表れてこない部分もマイホームにはたくさんあるということは、マイホーム所有者として伝えたいですね