◎一軒家の給湯器はだいたい20号or24号



一軒家の給湯器の能力で悩んだ場合、20号もしくは24号ということがよく言われます

直感的に24号の方が能力が高い→能力が高ければ価格も高いのはわかると思いますが、どちらを選ぶのがベストなのでしょうか?

この比較に関して、ほとんどのサイトやブログでは4人家族なら24号選んどいた方が無難くらいにしか書かれていないので、このブログではしっかり数値的に判断するようにします

ちなみに私は20号を選びましたよ


◎給湯器の号数とは?


○○号とは、1分間に○○リットルの水を25℃上昇させることのできる能力です

このままでは教科書通りの書き方で分かりにくいと思います

一般家庭では基本的にお風呂を40℃で入れるので、それを考慮して考えて言い換えましょう

15℃の水道水を40℃に沸かす(25℃上昇)と仮定した場合、

20号とは 40℃のお湯を20L/min同時使用できる給湯器

24号とは、 40℃のお湯を24L/min同時使用できる給湯器

※20L/min=1分間に20L使用する流量、24L/min=1分間に24L使用する流量

ここで大切なのは同時使用!!

お風呂でシャワーを使用している同じタイミングで、キッチンでお湯で皿洗いという状態

つまりシャワーで湯を使うタイミングとキッチンでお湯を使うタイミングが少しでもズレれば、20号でも20L/min出せるので何の問題もないです

ズレていればそれぞれから最大20L/minのお湯を使えるわけですから

しかし、ここで問題、、、。

20L/min(1分間に20L使用する流量)ってどのくらい??

イメージしやすいように例を挙げると、日本のシャワーの平均的な流量は8.5L/minTOTOのHPより

さらに、私が皿を洗う時の流量(動画参照)はおよそ5.4L/minでした



まず一つここで言えるのが、同じタイミングでお湯を使わなければ20号でも全然余裕なわけです


◎お湯張りに掛かる時間

一般的に浴槽に200Lのお湯を張るとして、水道水15度の場合

20号では10分掛かり、24号では8分20秒掛かることになります

はい、ほとんど変わりませんね



◎お湯を同時使用した場合は?

24号が良いと言われているのが、ほとんどこの理由です

同時使用した場合に20号では能力不足!?

まぁ、計算すればわかることですので、やってみましょう

簡単な熱量計算でできますが、1つ1つ説明すると時間が掛かるので、エクセルで計算したものを載せます(間違っていたらごめんなさいね 笑)

20号、24号給湯器 熱量計さん


まず水道水の温度を中間期(夏でも冬でもない季節)は15℃、夏季30℃、冬季5℃としています

シャワー流量はTOTOのHPより、8.5L/minした時に同時使用するもう一方(皿洗いや洗面)でどれだけお湯を使えるのか?を黄色で示しています

中間期は20号で11.5L/min、24号で15.5L/minですが、シャワー流量8.5L/min、皿洗い流量5.5L/minということから、20号でも全然余裕ですね

夏季は言わずもがな、中間期・夏季はシャワー+皿洗い(洗面)で同時使用しても20号で余裕です

冬季は、シャワー以外の流量が5.8L/minですので、こちらも問題なしです

ただし、余裕は無いので、皿洗い(洗面)で5.8L/min以上使用すると、お風呂のシャワーの勢いが少し弱くなります


◎価格差

私が20号と24号で見積もりした時は、給湯器本体+リモコン類+配管カバーで20号は13万円、24号は15.6万円でした

その価格差は2.6万円

メーカーや給湯器のモデルによっても変わると思いますが、この2.6万円を高いとみるか、安いとみるかは人それぞれですね



◎まとめ

熱量計算から給湯器の20号と24号を比べてみましたが、いかがでしたでしょうか?

20号でも同時使用しなければ全く問題無く、同時使用でも基本問題ありません

少し気になるのは冬季の同時使用で余裕度が無いところですが、お湯が使えなくなるわけではなく、少し勢いが弱まる程度です

その場合に備えて、2.6万円高い24号にするか?と考えた時に、ちょうど費用低減中だった私は20号を選びました

ちなみに20号と24号は同時にお湯を使用できる量が違うだけで、ガス使用量はお湯を使った分だけ消費するので、ガス代は変わりませんよ

ガス代が変わるのはエコジョーズというタイプの給湯器なので、それはまた気が向いたらコストメリット計算でもしてみましょうかね 笑

一応、工学部を出て技術開発している人間なので、たまにはこんなブログも書いてみました