◎マタニティフォト

最近マタニティフォト流行っていますね

先日、私たち夫婦にも待望の第一子が生まれました

その時に撮影したマタニティフォトがこちら

IMG_5960


妻がインスタで家でできそうなものを探してきて、出産前後で撮影しました

家で撮影したにしてはなかなか素敵ではないですか??

今回はそんな撮影方法をご紹介!



◎お家で簡単マタニティフォト



撮影に必要なのは、

・白い壁の部屋

・カメラ(スマホ)

・三脚

まずこちらの写真をご覧下さい

IMG_6037

IMG_6036

もうほぼ答えですが、

①白い壁を背景にして三脚で撮影
   タイマー機能orカメラの遠隔操作機能など

②写真に余計な部分が入らないようにトリミングする

だけです!笑




ポイントは、

①白Tシャツ、黒パンツorジーンズで撮影

床板と画角をできるだけ並行にする

③自然光が入るタイミングで

こちらも簡単ですね



ポイント①:白Tシャツ、黒パンツorジーンズで撮影


これには理由があります

白い壁で撮影するのも同様ですが、今回被写体としてのメインは『赤ちゃん』です

私たち夫婦ではなく、赤ちゃん自体が目立つようにしなければいけません

しかし、お腹にいる時も、生まれてきてからも赤ちゃんは小さく目立たなくなってしまいがちなので、できるだけ他を目立たせなくする必要があります

例えば、柄物の壁紙やTシャツを着てるだけで視線が分散してしまうので、それらは避けましょう

白Tシャツもジーンズも誰でもありますし、無ければGUなど安く手に入れることもできます

産前ならお腹が目立つように、産後なら赤ちゃんが目立つように心掛けた場所と服装をしましょう



ポイント②:床板と画角をできるだけ並行にする


FullSizeRender

写真の2つのライン(床板と画角)をできるだけ並行にするだけでも、綺麗に見えます

撮影する前、三脚にカメラを設置する時にまずはこのラインを合わせてしまいましょう



ポイント③:自然光が入るタイミングで


部屋の照明でも全然OKなのですが、自然光の方が写真が柔らかく自然に仕上がります

しかし、気をつけなければいけないことが2つ

FullSizeRender

自然光が強く当たる部分とそうでない部分が存在します

自然光が強く当たる部分が写真に写りこむと違和感があるので、後々トリミングできる位置で撮影しましょう

あともう一つは、季節による明るさの違いです

これは私たちの経験談ですが、産前産後の写真を撮り、いざ写真を並べると写真の明るさが微妙に違いました

IMG_6049

IMG_6037

この微妙な違いが並べると結構気になります

IMG_6050

今の時代スマホアプリを使えば色彩の編集もできますが、この明るさの違いはできる限り違い状態で撮影する方が良いです

IMG_5960

私たちの場合、結局妻がアプリで色彩を編集し、色を近づけて一枚にしました



◎まとめ


一生に一度のマタニティフォトですが、わざわざプロに頼むのもお金掛かります

しかし、三脚さえあればお家で簡単にできてしまいます!

ちょっとした工夫で良い感じの写真が撮れるので、ぜひ挑戦してみて下さい